スポンサードリンク

↓最新記事↓

2007年03月31日

米国株、小幅続伸

(30日終値) 
ダウ工業株30種平均12354.35(+5.60)
ナスダック総合株価指数2421.64(+3.76)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ダウ、1〜3月期は7四半期ぶり下落

米株式相場小幅続伸。経済指標の上振れを受けて買われる。半面、インフレ懸念やドル相場の下落が株価の重しに。

2月の個人消費支出(PCE)が前月比0.6%増と市場予想を上回った。3月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)は61.7と05年3月以来の水準に上昇。米景気の先行き不安が和らいだとして買いが先行。
買い一巡後は上値が重い。中東情勢の緊張が続くほか、物価指標であるエネルギーと食品を除くコアPCEデフレーターが前年同月比2.4%上昇となり、インフレ圧力の高まりが株価の上値を抑える。
さらに、米商務省が中国の紙製品に相殺関税を課すと発表したことが伝わり外国為替市場でドルが下落。ドル資産離れの思惑から株売りが急速に膨らみ、ダウ平均は下げ幅が100ドルを超える場面も。
ただ、売り一巡後は指標の上振れなどが蒸し返され、押し目買い。引けにかけては前日終値近辺でもみ合い。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では「通信サービス」など五業種が上昇。半面、「エネルギー」や「公益」が下げ。

ダウ平均は1〜3月期に0.9%安と、四半期ベースでは05年4〜6月期(2.2%安)以来の下げ。市場では「4月以降も企業決算や経済指標を見極めながら神経質な相場展開が続く」との声。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

三井造船【7003】

気になる銘柄

三井造船(株) 【東証1部:7003】
三井造船(株) 【東証1部:7003】・チャート
ヤフーファイナンス

(30日終値)
499(+12/+2.46%)

造船・重機大手の一角。舶用ディーゼル機関で国内トップ。大型クリーンルーム等強化。
30日付の日本経済新聞朝刊が「08年3月期の連結営業利益は今期予想比89%増の340億円前後になりそう」と報じたことが手掛かり。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(325億円)も上回り、収益上振れを好感した買い。安い価格で受注した船舶の引き渡しが今期いっぱいで終わり、船舶部門の利益率が改善する。
ただ、市場では「今回の数字は以前出された中期経営計画の数字と大きくは変わらないため、決算発表で正式に来期予想が出れば材料出尽くしとなる可能性もある」(中堅証券のアナリスト)という見方も。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる銘柄

みずほFG 住金 ホンダ ドコモ ソニー NTT 三井住友FG JT 菱地所 ニイウスコー UFJニコス カルソカンセ 日本興亜 クラリオン…高い

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(29日終値)
17287.65(+23.71/+0.14%)

2006年度終了

2006年度の最終営業日となった30日、日経平均株価は続伸。前日29日の米株高や外国為替市場の円安・ドル高、市場予想を上回った2月の鉱工業生産指数などを手掛かりにした買いが先行。一段の上値こそ重かったものの、終日高い水準で推移。日経平均は2005年度の最終売買日だった2006年3月31日終値に比べ227円上昇。東証株価指数(TOPIX)は反発し、前日比2.93ポイント高の1713.61で終えた。

寄り付き前に発表された2月の鉱工業生産指数(速報値)は前月比0.2%低下したが、日経QUICKニュース社まとめの市場予想平均(同0.6%低下)は上回った。円相場が1ドル=118円台に下落したことも追い風に幅広い銘柄が買われ、上げ幅は100円を超す場面も。もっとも、年度末に週末が重なったため投資家の動きは鈍く、積極的な買いは続かず。証券会社の自己売買部門や個人など短期資金による手じまい売りが一段の上値を抑えたほか、週明け4月2日発表の日銀企業短期経済観測調査(短観)を見極めたいとの雰囲気も模様眺めにつながる。

東証2部株価指数は続伸。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月30日

米国株、反発

(29日終値) 
ダウ工業株30種平均12348.75(+48.39)
ナスダック総合株価指数2417.88(+0.78)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ダウ48ドル高、ナスダック横ばい

株式相場上昇。ダウ工業株30種平均は4日ぶり反発、ナスダック総合株価指数は小幅ながら3日ぶり反発。早朝発表の06年10〜12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値の結果などを受け買い。
GDP確定値は前期比年率2.5%増と2月末に公表した改定値から0.3%の上方修正、市場予想(2.2%増)も上回る。このところ経済指標の下振れが相次いでいただけに、米景気の先行き不安がやや和らぎ、安心感を誘う。週間の新規失業保険申請件数が減少したことも労働市場の底堅さを示したとして支援材料に。
買い一巡後は売りに押される場面も。イラン情勢の緊張を受け原油先物相場が終値ベースで昨年9月以来の高値を付けるなど大幅続伸したことがきっかけ。原油高に伴うインフレ上昇圧力や企業収益、個人消費などへの悪影響を懸念し、景気敏感株を中心に売り。ただ、ダウ平均は前日まで3日続落していたこともあって、下値では押し目買い。
ダウ平均構成銘柄ではメルクやアルトリア・グループなど24銘柄が上げる。一方、前日夕に中堅半導体のRFマイクロ・デバイセズが収益見通しを下方修正し急落。サンディスクなど主力半導体株の一角が連れ安したことから、ハイテク指数の上値は重い。
業種別S&P500種株価指数の全十業種では「情報技術(IT)」を除く九業種が上げ。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1%弱の下落。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月29日

三陽商会【8011】

気になる銘柄

(株)三陽商会 【東証1部:8011】
(株)三陽商会 【東証1部:8011】・チャート
ヤフーファイナンス

(29日終値)
1,023(+48/+4.92%)

総合アパレル大手の一角で基幹ブランドはバーバリー。女性向けも拡充。販売網は百貨店主体。
ゴールドマン・サックス証券が28日付のリポートで3段階のうち最上位の「買い」として格付けを開始したことが材料となっている。今後12か月の目標株価は1200円。バーバリー事業で安定的な増収が見込めることや、2005年以降に立ち上げた新ブランドが収益に貢献していることなどを評価。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる銘柄

東電 関西電 三井住友海 ミレアHD 日立 東芝 TDK 国際石開帝石 AOCHD、高い

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(29日終値)
17263.94(+9.21/+0.05%)

アジア株高で後場に持ち直す

日経平均株価は小反発、3日ぶりに上昇。前場は前日の米株安や円相場の上昇などを警戒し、一時200円強下落、後場に入るとアジア株の上昇を手掛かりに株価指数先物が買い戻され、つれて日経平均株価が100円近く上昇する場面も。東証株価指数(TOPIX)は小幅ながら4日続落。一時1700を割り込む場面も。

3月期末を前に、国内機関投資家などが積極的な売買を控える中で、ヘッジファンドなど目先の値動きに敏感な参加者による先物の売買注文が荒い値動きにつながる。28日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で米利下げ観測が後退。それを受けた米株式相場の下落や円高・ドル安が、日本株の売りを誘う。後場は一転、香港ハンセン指数が200ポイント強上昇するなどアジア株の堅調な値動きが手掛かりとされ日本株が買い直されたものの、短期の売買が大半で、大引けは手じまいなどで伸び悩み、指数の方向感は乏しい展開。

東証2部株価指数は3日ぶりに上昇。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

NY市場、続落

(28日終値) 
ダウ工業株30種平均12300.36(-96.93)
ナスダック総合株価指数2417.10(-20.33)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


耐久財低迷・FRB議長証言失望でダウ96ドル安

米株式相場は下落。ダウ工業株30種平均3日続落。ナスダック総合株価指数も続落。2月の耐久財受注額が予想を下回ったうえ、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言が市場の利下げ期待を冷やす内容だったと受け止められ、売りが優勢。

朝8時30分に発表された2月の耐久財受注額は前月比2.5%増で、市場予想(3.5%増)に届かず。民間設備投資の先行指標とされる国防と航空機を除く資本財の受注は1.2%減少。米景気の減速への懸念が強まり、売りが先行した。
注目のバーナンキ議長の議会証言では、インフレを警戒する政策運営姿勢を強調。21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)をきっかけに市場の一部で出ていた利下げ観測が後退、一段安。下げ幅は一時約140ドルに達したが、重要日程通過を受け買い戻しや自律反発狙いの買いも入ったようで下値は限定的。
業種別S&P500種株価指数では金融や通信などの下げが目立つ。ダウ平均の構成銘柄ではアルトリア・グループを除く29銘柄が下落。英紙がダイムラークライスラーの北米クライスラー部門の買収提案を見送る方針だと報じたゼネラル・モーターズの下げが目立つほか、ウォルマート・ストアーズが安い。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月28日

エア・ウォーター【4088】

上昇波動銘柄

エア・ウォーター(株) 【東証1部:4088】
エア・ウォーター(株) 【東証1部:4088】・チャート
ヤフーファイナンス

(28日終値)
1,416(+3/+0.21%)

産業用ガス業界の双璧、医療関連拡充、水素で燃料電池関連、住宅設備併営。M&Aで成長図る。
東海東京調査センターの赤羽高シニアアナリストは「市況が不安定な石油化学と比べ、工業用ガスの安定性や成長性に着目した買いが入っている」とみる。19日に発表した今後3年間の中期経営計画では「2010年3月期の連結経常利益が今期予想比35%増の330億円を目指す」と目標を掲げている。赤羽氏は「特に成長が見込める医療用ガスやアジア各国での展開に期待できる」と評価。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 22:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 上昇波動銘柄

三菱重 日立 日製鋼 オリコ 紀州紙 ニイウスコー 丸善…上昇

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(28日終値)
17254.73(-110.32/-0.64%)

主力株軒並み安

日経平均株価は続落。手掛かり難のなか、前場は前日終値を挟んでのもみ合いが続いたが、後場は地合いが一変。アジア株式相場の下落や円相場の上昇を嫌気した売りに、日経平均先物6月物への仕掛け的な売りも加わって下げ足を速め、下げ幅は200円を超える場面も。大引けにかけては売り方の買い戻しや押し目買いも入り、やや下げ渋り。東証株価指数(TOPIX)は3日続落。

27日の米株式相場は住宅市況の先行き懸念などから下落したものの、朝方の売りは限定的。受け渡しベースですべての銘柄が新年度入りし、新年度への期待感などを背景にした買いで上げ幅をやや拡大する場面も。ただ、3月期末の接近で機関投資家などの動きは鈍かったといい、前引けにかけ戻り待ちの売りなどで急速に伸び悩み。後場は短期資金も積極的な買いを見送るなか、先物に振り回される展開。25日移動平均(17,359円、前日終値ベース)を下回ったことが、売りを加速させたとの見方。値がさハイテクや自動車、鉄鋼、大手銀行など主力株は軒並み安の展開。

東証2部株価指数は続落。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 22:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット

米国株、下落

(27日終値) 
ダウ工業株30種平均12397.29(-71.78)
ナスダック総合株価指数2437.43(-18.20)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


住宅関連ニュース、消費者信頼感指数に反応

米株式相場は下落。住宅大手の減益決算や消費者信頼感指数の低下が嫌気される。

住宅大手レナーが発表した06年12月〜07年2月期の決算は前年同月比で73%の大幅減益。1月の前回決算時に示した利益見通しを「達成できそうにない」とも表明。「サブプライムローン(信用力の低い個人を対象とした高金利型の住宅ローン)問題が住宅市場全体を悪化させている」との見方を示したこともあり、住宅株全般が売られる展開。
朝方、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が発表した1月のケース・シラー住宅価格指数で、全米十都市の住宅価格を示す指数が前年同月比0.7%低下。1996年2月以来、ほぼ10年ぶりに前年同月を下回り、住宅市場低迷が長引くとの懸念につながった。
午前10時に米調査会社コンファレンスボードが発表した3月の消費者信頼感指数は107.2と、前月(111.2)から低下、市場予想(108前後)も下回る。ガソリン高などを背景に先行きを表す期待指数が低下したことが主因。ガソリン価格は夏季のドライブシーズンに向け上昇が続くことが予想される。住宅市場の低迷などと併せ、個人消費を取り巻く環境の厳しさが意識される。ウォルマート・ストアーズなど小売株やデュポンなど景気敏感株が売られる。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月27日

小田急不動産(株) 【東証1部:8832】

気になる銘柄

小田急不動産(株) 【東証1部:8832】
小田急不動産(株) 【東証1部:8832】・チャート
ヤフーファイナンス

(27日終値)
568(+13/+2.34%)

小田急電鉄系。マンション・戸建て分譲主力。ビル賃貸・売買仲介、広告・保険代理も。
小田急電鉄(9007.T)は、小田急不の完全子会社化を発表、合併比率にサヤ寄せする格好。小田急不の1株に対し、小田急の0.65株を割り当てる予定。小田急は軟調で、基準値比16円安の866円まで下げている。小田急不は8月28日に上場が廃止される予定。
両社はこの合併発表により、午後1時30分まで一時売買停止となっていた。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる銘柄

三菱重 新日鉄 日立 住友鉱 日製鋼 住友不 菱地所 三井不はしっかり

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(27日終値)
17365.05(-156.91/-0.90%)

6日ぶり反落

日経平均株価は6営業日ぶりに反落。積極的な買い手がおらず、後場には下げ幅が200円を超える場面も。07年3月期末の配当に伴う権利落ち(配当落ち)で87円程度押し下げられたとみられるうえ、権利確定をきっかけにした利益確定の売りも先行。朝方の売り一巡後も戻りは鈍く、前場に配当落ち分を回復できなかったことで投資心理が悪化した面も。東証株価指数(TOPIX)は続落。

3月期末の接近に加え、今週後半に米経済指標の発表が相次ぐことなどで、国内外の機関投資家の間では様子見ムードが広がっている。前日の米国で発表された2月の米新築住宅販売件数が市場予想を下回ったことで、米景気の不透明感への懸念が強まった形という。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

ダウ、6日ぶり小反落

(26日終値) 
ダウ工業株30種平均12469.07(-11.94)
ナスダック総合株価指数2455.63(+6.70)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ナスダックは3日ぶり小反発

ダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに小反落。ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに小反発。住宅指標の悪化や原油高を受け売りが先行したが、午後になると買い戻される。
S&P500種株価指数は小幅続伸、1437.50と2月26日以来の高値で終える。

前週はダウ平均をはじめ、主な株価指数が大幅に上昇。利益確定の売りが出やすかった。
午前10時に米商務省が発表した2月の新築住宅販売件数は前月比3.9%減の84万8000戸と、市場予想の100万2500戸(7.0%増)を大きく下回る。1月と昨年12月分が下方修正されたほか、在庫水準が1991年1月以来の高水準に積み上がるなど、住宅市場の減速が続いていることが改めて鮮明に。指標を嫌気し、住宅建設株が軒並み下落、景気敏感株を中心に売りが広がる。
イラン情勢懸念を受けて、原油価格が一時3か月ぶりの水準に上昇したことも市場心理を冷やす。燃料コストが収益を圧迫するとの思惑から運輸株が幅広く下落。ダウ平均の下げ幅は一時110ドルを超える。
ただ、28日に議会証言するバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を見極めたいとの心理も強く、主な株価は午後になると軒並み下げ幅を縮め、ナスダック指数とS&P500種は上げに転じる。原油価格が引けにかけて伸び悩んだことも支援材料に。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月26日

ジーンズメイト【7448】

気になる銘柄

(株)ジーンズメイト 【東証1部:7448】
(株)ジーンズメイト 【東証1部:7448】・チャート
ヤフーファイナンス

(26日終値)
1,140(+94/+8.99%)

ジーンズ中心のヤングカジュアル専門店チェーン。深夜営業に特徴。アウトレット店を実験。
23日に発表した07年2月期の単独決算は、経常利益が前の期比21%減の15億1300万円。暖冬でダウンジャケット以外の防寒具やマフラーなどが苦戦。ただ、毎月公表している月次売上高から業績悪化が見込まれていたため、悪材料出尽くし感からの買い。
08年2月期の単独経常利益は前期比2%増の15億5000万円と小幅増益の見込み。年間配当は前期より2円50銭多い25円とする方針。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気になる銘柄

三洋クレ みずほFG 三井住友FG ソニー KDDI ドコモ 三菱重…高い

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(26日終値)
17521.96(+41.35/+0.24%)

5日続伸

日経平均株価、5日続伸。2月28日以来となる17,500円台を回復。後場に入って先物にまとまった買いが入ったことを受けて上げに転じたものの、上値では利益確定や持ち高調整の売りが出て方向感に乏しい展開。3月決算期末を控えて商いは薄い。東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反落。

朝方は前週末23日の米株式市場でダウ工業株30種平均が5日続伸したことから買い安心感が広がり小高くスタート、一時は17,7550円を超える場面も見られるが、買いは続かず。3月決算企業の配当権利付き最終売買日とあって配当取りの買いも見られるが、これまで上昇基調を強めてきた銘柄には利益確定売りが目立つ。

25日午前の北陸地方を中心にした強い地震の相場全体への影響は限定的。金沢工場を持つコマツや志賀原子力発電所を持つ北陸電は安かったが、一方で復興需要を見込める一部の建設業には買い。
東証2部株価指数は4日続伸。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 22:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月24日

ダウ、5日続伸

(23日終値) 
ダウ工業株30種平均12481.01(+19.87)
ナスダック総合株価指数2448.93(-2.81)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


中古住宅販売好感

ダウ工業株30種平均は小幅ながら5日続伸。ナスダック総合株価指数は小幅続落。中古住宅販売件数が前月比増加したことを好感、週末で薄商いの中、利益確定売りも出やすい展開。

午前10時に発表された2月の中古住宅販売件数は年率669万戸と市場予想(前月比2.0%減)に反して前月比3.9%増加。1月に仮契約された分の手続きが遅れ、2月販売分を押し上げたとの見方もあったが、住宅市場に対する安心感に。
一方、ダウ平均がこのところ上げ続けていることや、ナスダック指数、S&P500種も前週末比で3%超上げているため、利益確定売りが出やすい。ペルシャ湾内をパトロール中の英兵15人がイラン軍に拘留されたとの報道を受け、原油相場が上昇したことも重しに。ただエクソンモービルなどの石油株は買われる。
カナダの部品メーカーなどがクライスラー部門買収を検討していると伝わったダイムラークライスラーが大幅高。ゼネラル・モーターズ(GM)がクライスラー部門を買収する可能性が低いとの見方につながりGMも5%超上昇、ダウ平均を押し上げる。

著名投資家カール・アイカーン氏が保有株を積みましたモトローラが反発。英銀バークレイズに対抗し、シティグループが買収を検討していると報じられたABNアムロの米預託証券(ADR)が高い。3月30日の取引終了時からS&P500種への追加が決定した食品のクラフト・フーズも上げる。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 21:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケット

ペンタックス【7750】

気になる銘柄

ペンタックス(株) 【東証1部:7750】
ペンタックス(株) 【東証1部:7750】・チャート
ヤフーファイナンス

(23日終値)
687(+42/+6.51%)

一眼レフのパイオニア。デジカメは採算重視で規模追わず、内視鏡と部品に経営資源を集中。
10月1日付でHOYA(7741)と合併する予定だが、「これまでに『HOYA買い・ペンタックス売り』の裁定取引をしていた一部投資家が、決算期末接近に伴い反対売買に動いているのではないか」(新光証券)との見方。前週末16日時点のペンタックスの信用取引残高は売り(163万株)が買い(67万株)を大きく上回っていた。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 00:13 | Comment(1) | TrackBack(1) | 気になる銘柄

2007年03月23日

みずほFG 三井住友FG 三菱UFJ トヨタ キヤノン 三菱商 ホンダ 武田 ソニーしっかり

日経平均株価
日経平均株価・チャート
ヤフーファイナンス

(23日終値)
17480.61(+61.41/+0.35%)

利益確定売りで上値伸びず

日経平均株価は小幅ながら4日続伸。急速な円高進行への警戒感が一服して買いが先行。取引開始直後に日経平均は上げ幅100円を超え、取引時間中で1日以来ほぼ3週間ぶりに17,500円を回復する場面も。ただ、日経平均は前日まで675円上昇したことから利益確定や戻り待ちの売りも出やすく、上値の重い展開。週末とあって後場には様子見気分も広がり方向感の乏しい値動きに。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸した。

朝方は22日のシカゴ日経平均先物6月物の清算値が大証終値を上回ったことや、円相場が1ドル=118円台に押し戻されたことを好感して買いが先行。ただ、いったん円相場が1ドル=117円台まで下げ渋ったのをきっかけに利益確定や戻り待ちの売りが増える。前場の取引終了間際にかけて、日経平均は下げに転じる場面も。

業種別TOPIX(全33業種)は21銘柄が上昇。ゴム製品、医薬品、陸運業の上げが目立った。半面、不動産業、倉庫運輸関連などの下げが目立った。

東証2部株価指数は小幅ながら3日続伸。

新興損場銘柄はこちら新興損場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット

ダウ、4日続伸

(22日終値)
ダウ工業株30種平均12461.14(+13.62)
ナスダック総合株価指数2451.74(-4.18)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ナスダックは下落

ダウ工業株30種平均4日続伸。前日に今年最大の上げ幅を記録した反動で利益確定売りが先行、先行きの利下げ期待や個別株物色が相場を下支え。一方、ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに小反落。ハイテク株の一角が大幅安となったことが響いた。

21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明が将来の利下げに道を開く内容だったとして、ダウ平均は159ドル高、ナスダック指数は47ポイント上昇。その反動もあってこの日は利益確定売りが先行。前日夕に売上高見通しを下方修正したモトローラが急落、ハイテク関連の一角に売りが出たことも相場の重しに。
ただ、下げ幅は限定的。早朝発表の新規失業保険申請件数(週間)が市場予想に反して減少、労働市場の底堅さが示される。さらに投資判断引き上げを受けプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が上げたほか、原油高を受けエクソンモービルなど石油関連株が上昇するなど個別株が物色され相場を下支え。
昼過ぎ以降は、新規手掛かりに乏しく、相場は方向感に乏しい展開となった。23日発表の2月の中古住宅販売件数などを見極めたいとのムードも広がる。米連邦準備理事会(FRB)高官が信用力の低い個人向け住宅ローン(サブプライムローン)の問題について「他の住宅ローンなどに波及している様子はない」などと話したと伝わったが、相場の反応は限られた。
業種別S&P500種株価指数(全十業種)では「エネルギー」が1.8%上昇するなど四業種が上昇。半面、「情報技術」など六業種が下げた。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.3%安。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケット

2007年03月22日

中部電力【9502】

気になる銘柄

中部電力(株) 【東証1部:9502】
中部電力(株) 【東証1部:9502】・チャート
ヤフーファイナンス

(22日終値)
4,340(+160/+3.83%)

電力3位。中部財界の雄。超高圧送電線系統を強化。通信関連など地元新規事業の中核出資者。
英ヘッジファンドのザ・チルドレンズ・インベストメントが中部電に対して07年3月期の期末配当金の会社予定の1株30円(年間配当は60円)から60円(同90円)に増やすよう提案したことが材料。中部電は22日、同ファンドによる株主提案権行使に関する16日付の書面を受け取ったと発表。21日付の日本経済新聞によると、同ファンドは発行済み株式数の1%程度を保有する。きょうは電力株の中でも特に上げが目立っており、株主配分の強化に向けた思惑から買いを集めている模様。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる銘柄
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。