スポンサードリンク

↓最新記事↓

2007年04月18日

ダウ最高値に接近、4日続伸

(17日終値) 
ダウ工業株30種平均12773.04(+52.58)
ナスダック総合株価指数2516.95(-1.38)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ナスダックは小幅安

ダウ工業株30種平均は4日続伸、過去最高値を付けた2月20日以来の高値水準。主力大型株の好決算が相次いだほか、物価指標の落ち着きが買いにつながる。S&P500種株価指数は2000年9月14日以来の高値。一方、ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに小反落。

好決算発表が相次いぐ。ダウ構成銘柄ではジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)とコカ・コーラの決算が市場予想を上回り、それぞれ2.4%、2.6%上昇。EMCも市場予想を上回る決算で3%強の上げ。企業業績に対する安心感が広がり、買い。
3月の鉱工業生産指数が市場予想に反して低下する半面、3月の米住宅着工件数は前月比0.8%増と市場予想に反して増加。3月の米消費者物価指数(CPI)では、エネルギーと食品を除くコア指数が前月比0.1%上昇と、市場予想を下回る。米景気の先行き不安感がやや和らいだとの見方に。ダウ平均は一時70ドル近く上昇し、終値での過去最高値を上回る場面も。
ただ、一段の上昇は限られた。ダウ平均は前日までの12営業日で11日上昇。その間の上げ幅は約420ドル(3.4%)を記録。高値警戒感から上値では利益確定売りが出やすい。ナスダック指数はアップルが下げたほか、半導体株の一角が軟調で、小幅安で終える。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は0.5%下落。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39127496

この記事へのトラックバック
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。