スポンサードリンク

↓最新記事↓

2007年04月20日

ダウ6日続伸で最高値

(19日終値) 
ダウ工業株30種平均12808.63(+4.79)
ナスダック総合株価指数2505.35(-5.15)

DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
DOW JONES INDUSTRIAL AVERAGE IN
Yahoo!Finance


ナスダック3日続落下落

ダウ工業株30種平均は小幅に6日続伸、連日で過去最高値を更新。ナスダック総合株価指数は小幅ながら3日続落、中国株の急落を受け売りが先行、相場の地合いは引き続き強く、買い戻しあり。

19日の中国株式市場では、中国当局の金融引き締め警戒感から上海総合指数が急落。つられて香港株や日本株など、アジアの主な株価指数も軒並み大幅安となった。
外国為替市場で円高・ドル安が進み「円キャリー取引」巻き戻しへの警戒感が強まったほか、欧州株も大幅安で推移したことから、米株式相場も売りが先行。
ただ、最近の米株式市場の強気心理はこの日も続き、売り一巡後は買い戻し。メリルリンチやメルク、イーベイなどの好決算が相次いだことも、支援材料に。
正午にフィラデルフィア連銀が発表した4月の製造業景気指数は市場予想を下回ったが、特に材料視されず。
売上高が市場予想を上回ったメルクが上昇。一株利益や粗利益が予想を上回ったノキアも高い。アナリストが投資判断を引き上げたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が買われる。17日夕に発表した決算が好感されたインテルが引き続き買われ2%超上昇。
半面、純収入が市場予想に届かなかったバンク・オブ・アメリカが下落。決算が市場予想を下回ったアルトリア・グループも安い。メリルリンチは好決算を発表したものの、利益確定売りに押される。前日夕に発表した決算・見通しが市場予想を上回ったイーベイは、一部アナリストが慎重な見方を示したことから売り。一株利益が予想を下回ったDRホートンも売られる。

新興市場銘柄はこちら新興市場銘柄を的確にチョイス!

人気Blogランキング
よろしくお願いします。
posted by 上昇波動銘柄ウオッチャー at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39433329

この記事へのトラックバック
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。